節分に食べたい、海鮮恵方巻き!

2月3日の節分に食べるものといえば、年齢の数、もしくは年齢プラス1個の豆。そして最近では、毎年、恵方巻きを食べるという人も多いのではないでしょうか。

7種類の具を巻いた太巻きを、一人1本、その年の恵方を向いて、一言もしゃべらずに、願い事をしながら食べるとよい、とされています。

2018年の恵方は丙(ひのえ)=南南東です。

スーパーやデパートでは、この日、さまざまな種類の恵方巻きが販売されます。山菱水産では、まさに今、海鮮恵方巻き用の製品の製造・出荷で大わらわの時期です。

さて、自宅で恵方巻きを作ってみたいけれど、具材をすべて揃えるのが大変、太巻きは上手に巻くのが難しそう、という方に試していただきたいのが、山菱水産の「巻き芯」です。

1月の半ばには、太巻き用の巻き芯をセットにした商品が、生協の宅配のカタログにお目見えします。中身は卵焼き、まぐろのたたき、まぐろの中落ち、甘えびのたたき、サーモンのたたきなどから、卵焼きと山菱水産自慢のまぐろを含む4種の具がセットになっています。具が細い棒状に冷凍されているので、具材が多くても巻きやすいのも魅力です。

では、太巻きの作り方と上手に巻くコツを紹介しましょう。

【材料/太巻き1本分】

太巻き用の海鮮セット
今回は、まぐろ中落ち・まぐろねぎとろ・甘えび・卵焼き・・・各1本

きゅうり (たてに8等分に切り、種とわたを取り除いたもの)・・・1本

大葉(半分に切ったもの)・・・3枚

金ごま・・・適量

焼き海苔・・・1枚

酢飯・・・約220g

太巻きセットは、冷凍庫から冷蔵庫に移して30分程度おき、半解凍の状態で巻きます。

【作り方】

 

1 巻きすに海苔をたて長に置きます。

2 海苔の上に酢飯を伸ばします。
★コツ:海苔の上部2cmはあけておきます。酢飯は上から下に転がすように伸ばします。

3 海苔の両端から酢飯がはみ出さないように、指の腹で整えます。

4 金ごまをふり、具をのせます。
★コツ:具の下辺を海苔の横中央のラインに揃えるように置きます。

5 酢飯の下辺を上辺に合わせるようにして巻き込みます。

6 巻きすの上から軽くおさえ、90°転がします。

7 もう一度軽くおさえて形を整えます。
★コツ:力を入れすぎずに、ふっくらと巻きましょう。

恵方巻きを一本丸ごと食べる習慣がない、という場合には、一口大に切り、節分のごちそうとして召し上がってもよいのではないでしょうか。手軽ながら、華やかな一品として楽しんでいただけることと思います。

切って食べる場合は8等分にします。包丁の刃を濡れ布巾でさっと拭くと、ご飯がくっつきにくくなります。