こんなお雑煮はいかがですか?

お正月用に買ったおもちや、いただいたおもち、おうちに残っていませんか?
もち好きのわが家では、1年じゅう買い置きして、磯辺もちや安倍川もちをおやつや朝ごはんに食べています。
先日は、きはだまぐろ腹身ステーキ用で作ったねぎま汁に、焼いたおもちを入れて、「ねぎま雑煮」にしてみました。

作り方は…

1.鍋に出汁を注ぎ、薄口しょうゆとみりん、塩少々で味つけし、火にかけます。

2.きはだまぐろの腹身ステーキ用は、解凍してひと口大に、
白ねぎは3㎝に切って、フライパンで焼き目をつけます。

3.1が沸いたら、2.を入れてやわらかく火が通るまで煮ます。

4.焼いたもちをお椀に入れ、3を注ぎます。

5.好みでおろしたしょうがをのせます

腹身にはほどよく脂が乗っていて、うまみたっぷりの汁が作れます。
焼いたねぎやしょうがで体があたたまるので、夜遅くまで勉強に励む子どもの夜食にもよいかと思います。
おもちの代わりにゆでたうどんにしてもおいしいですよ。
ぜひお試しください。