桃の節句におすすめ。華やかな手毬寿司

3月3日の桃の節句のごちそうといえば、ちらし寿司が定番ですね。

でも今年はちょっと趣向を変えて、手毬寿司はいかがでしょうか。

わが家は今回、手毬寿司に初めて挑戦したのですが、手巻き寿司や海鮮丼用の「手巻き・海鮮丼セット」を使えば、あっという間に作ることができます。

ラップに寿司ネタをのせ、その上に酢飯をピンポン玉ぐらいの大きさに軽く丸めて置きます。それをラップで包んで、きゅっとしぼるように丸めます。

まぐろ、イカ、甘エビ、ほたて、いくらを使いましたが、色のきれいな漬物の薄切りや小さめに切ったローストビーフ、たまごのそぼろなど、いろいろな具で作ることができます。

酢飯を作るときに、すし酢を少なめにして、かわりにゆず酢(ゆず100%果汁)を加えるのもおすすめ。さっぱり爽やかな風味が楽しめます。

もちろん、「手巻き・海鮮丼セット」は家族が集う日の手巻き寿司に、忙しい日の夕飯や休日のお昼の海鮮丼に、といろいろに使えます。火を使わずにさっと準備ができるので、冷凍庫にあると便利な商品。生協の宅配で取り扱いがあります。