地元まぐろ船との協業山菱の取り組み

山菱水産は創業40年。チームワークを大切にしながら地域とともに成長を続けてきました。 いわき市で培ってきた信頼を礎に、水産物を通して地元に貢献できる企業として、 さらなる発展を追求しています。 漁協や取引先の理解と協力を得てはじまった、まぐろ漁船「第38漁福丸」との協業、またいわき海星高校の実習船「福島丸」との取り組みが、地元・小名浜の水産業に活気をもたらすことを願っています。

「第38漁福丸」とともに地元漁業を元気に

  • 「第38漁福丸」とともに地元漁業を元気に
  • 本蔵商店が所有し、福島県鰹鮪漁業者協会に所属する「第38漁福丸」。2013年に新造船された439tの遠洋まぐろ延縄漁船です。翌2014年には民間のまぐろ延縄漁船では初めて、小名浜港に冷凍まぐろを水揚げ。以来毎年1回、太平洋沖で漁獲したまぐろを水揚げしています。 水揚げ後は、山菱水産の超低温冷蔵庫と工場で貯蔵・加工ののち、出荷されます。 2011年の東日本大震災以降、風評被害に苦しんできたいわきの漁業。その復興の旗印になれば、と始まった「漁福丸」ブランドのまぐろは、そのおいしさと品質の良さで、山菱水産の主力商品として、地域のスーパーや生協の宅配でも、人気の商品となっています。

いわき海星高校の実習船「福島丸」

  • いわき海星高校の実習船「福島丸」
  • 福島県の水産高校「いわき海星高校」の生徒たちは、在学中に「福島丸」で2ヶ月の遠洋航海実習を経験します。漁場はハワイ沖、まぐろ延縄漁の実習を行います。 以前は、静岡県や神奈川県の漁港に水揚げされていましたが、2011年から小名浜港での水揚げが実現。山菱水産の超低温冷蔵庫と工場で保管・加工され、いわき市内の「スーパー マルト」で販売されています。 「まぐろ祭り」と題された「福島丸」のまぐろ販売は、おいしくてお買い得と、毎回好評。地元での水揚げや販売は、生徒たちの実習のモチベーションアップや、地域の漁業の六次化のモデルづくりに一役買っています。

お問い合わせ

商品についてのお問い合わせやご意見、お取引のご相談など、
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム